2016年11月15日

愛、あなたは愛です vol.29



日々の生活の中で、自分のエネルギーを確認して、ふっと、田池留吉、アルバートを思う。そして、また日々の生活を続ける。
そして、ゆったりと静かな瞑想をする時間を持ち、自分の中を感じていく。そのエネルギーとともに、田池留吉、アルバートを思う。
そんな毎日を、淡々と、喜んで、過ごしていきましょう。淡々と、喜んで、その作業を継続していきましょう。

「愛、あなたは愛です」、第29回目の今日は、「おわりに」の部分、ページ数では、181ページから186ページの朗読です。

【参考】(朗読部分のテキストです)

「愛、あなたは愛です」おわりに p181~p186

おわりに
人生、色々ではありません。私達が産まれてきた理由、目的はたった一つです。心で知ってあなたの今の人生を終えてください。
本当の自分の中に帰っていく道を心で知らない限り、地獄は永遠に続きます。
自分の外に自分を支えてくれるもの、癒しとなるもの、温もりを与えてくれるもの、喜び、幸せを感じさせてくれるもの、何もありません。

愛へ帰る道を淡々と歩き続ける私の中を、私は感じています。
私は本当に嬉しいです。瞑想をすることが喜びです。瞑想をして、私は、愛の中にあった、私自身が愛であることを確認できるからです。
私は田池留吉、アルバートへ心を向け、心の針を合わせ、自分のエネルギーを感じてきました。凄まじいエネルギーを感じてきました。
しかし、私はその一方で、それらの凄まじいエネルギーによって、喜びと温もりを大きく、大きく広げてきました。
私の中の凄まじいエネルギーはみんな喜び、温もりの中へ帰っていけることを確信したんです。
私はこの作業をこれからも、もちろん続けていきます。すべてが私の計画でした。
私の中の喜びと温もりは、私の中をしっかり、しっかりと支えてくれています。愛のエネルギーです。愛のパワーです。
愛のパワーが働けば働くほどに、この世的には大変な状態になってきます。形の世界が崩れていくことは喜びなんです。私は自分の中を思うと、そのようにメッセージが来ます。
私の中に喜びと温もりを広げていけばいくほど、この世的なものはみんな、狂いに狂ってきたその実態が明らかになっていく、それが形の上での崩壊です。
宗教という形の世界は崩れていきます。
宗教は、本当に愚かな人間が作り出した形の世界の愚かな産物でした。
私達は、自分の中に作った宗教という世界を崩していかなければなりません。
自分の心の中に培ってきた宗教という闇の世界。その世界を、それぞれがしっかりと心を愛の方向に向けて崩していかなければならないんです。
他力のエネルギーは、まだまだ私達の心の中に巣くっています。
その暗闇の部分をしっかりと、しっかりと見つめてください。
宗教は愚かな人間の産物です。私達は自分に反抗してきました。
反抗して反抗して、宗教という世界を作り続けてきた愚かな、愚かな私達でした。

日々の生活の中で自分のエネルギーを確認して、ふっと、田池留吉、アルバートを思う。そして、また日々の生活を続ける。
そして、ゆったりと静かな瞑想をする時間を持ち、自分の中を感じていく。そのエネルギーとともに、田池留吉、アルバートを思う。
そんな毎日を淡々と喜んで過ごしていきましょう。淡々と喜んでその作業を継続していきましょう。
自分の中のエネルギーを確認して、それをただただ、喜びと温もりへ帰していける作業は、大きなエネルギー、パワーとなって宇宙へ流れていきます。意識の世界を変えていきます。
意識の世界を変えていくということは、形の世界は崩れていくということです。
偽物の影の形の世界が崩れていくとき、目の当たりに体験したとき、人々は本当に心の中に何を感じていくのでしょうか。
半端ではない形の世界の総崩壊。
まさに、神も仏もあるものかと、そうして、命を落としていく人々がどれだけ、この地球上に出現してくるでしょうか。
神を恨んで呪って、自分を呪って殺しまくっても、心の中の本当の自分は決して消し去ることができないことを、どれだけの人が知っていくのでしょうか。
これからあなたはどのように生きていきますか。どのように存在していきますか。
神を握ったままでは本当の自分が分かりません。健康であって、家族に恵まれ人に恵まれ、裕福な暮らしの中にあっても、本当の自分を心に知るというか、本当の自分を信じていく方向に舵を取っていく生き方が自分の中で確立していなければ、本当に空しいものです。
自分の中の寂しさ、空しさを誤魔化していく、紛らわせていく生き方はもう本当に止めていきましょう。
今、肉を持っている間、肉を通して自分のエネルギーを感じられるんだから、そのエネルギーをしっかりと感じて、そしてそのエネルギーの修正に全力を投じていきましょう。
そうです。肉を持って自分のエネルギーをその肉を通して感じていく時間が、肉を持つ時間です。だから、肉の持つ時間はとても大切な時間です。
自分のエネルギーをただただ知っていけるんです。それは喜びです。
どんなエネルギーが自分の中から出てくるか、しっかりと見極めて、そのエネルギーをプラス、プラスへ変えていくこと、そのことに全力を投じていく、これほどの喜びの人生はありません。
すべての意識が愛に目覚めていくとき、その喜びのエネルギーは、大きなパワーとなって、仕事をしていきます。
それがこれからの250年、300年の時間です。
そのエネルギーが次元移行を果たしていく、そんな道筋をしっかりと心に見つめ、感じ、その道を淡々と歩いていける、そんな人生こそ、素晴らしい人生ではないでしょうか。
posted by ユーティーエーブック at 10:51| 奈良 ☁| Comment(0) | 「愛、あなたは愛です」(全30回) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。