2016年12月28日

磁場と反転ーその人、田池留吉Part3ー vol.19



私は、本書、執筆当初は、セミナーの経緯に触れることは念頭にありませんでしたが、その後、私の中で意識の流れを大きく感じる出来事がありましたので、まず、セミナーの経緯について、簡単に語らせていただき、続いて意識の流れを大きく感じた出来事を語りたいと思います。

著者と読むUTAブック「磁場と反転—その人田池留吉Part3—」
第19回目の今日は、164ページから172ページ、「7 ともに帰りましょう」の前半部分の朗読です。
posted by ユーティーエーブック at 09:28| 奈良 ☀| Comment(0) | 「磁場と反転ーその人、田池留吉Part3ー」(全22回) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。