2016年07月20日

ありがとう――意識の世界への架け橋――第11回


病身である父親に、著者は手紙を通して「死は恐怖でも、悲しみでもありません」と、語りかけていきます。
私たちの本質は、肉体ではなく、永遠に存在する「意識」こそが自分たちだと語りかけていきます。
著者は、父親に語りかけながら、それは同時に、自分自身に語りかけていることに気付いていきます。
「意識は一つだからです。」
今日の朗読は、「父の病気と真実への道」、第2回目、114ページから120ページまでを読んでいただきます。
posted by ユーティーエーブック at 06:41| 奈良 ☀| Comment(0) | 「ありがとう−意識の世界への架け橋ー」(全28回) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。