2016年07月19日

ありがとう――意識の世界への架け橋――第10回


夫の死に引き続き、父親が、大腸がんを発病しました。
著者は、これを第二のターニングポイントと捉えています。
7年前の、夫の発病と死が、自分の針の向け先を変えるための「ターニングポイント」なら、
父の病と死は、向いた針の方向を定めるために、必要な現象だったと、著者は捉えます。
著者は、父親の発病から」死に至るまで父に対し手紙を書き続け、
父親とともに「心の学びを進めていきました。
「父の病気と真実への道」、この章では、著者が父に当てた手紙を紹介していきます。
107ページから114ページの朗読です。
posted by ユーティーエーブック at 06:33| 奈良 ☀| Comment(0) | 「ありがとう−意識の世界への架け橋ー」(全28回) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。