2016年07月18日

ありがとう――意識の世界への架け橋――第9回



「自分が自分として、どう生きていけばいいのか」、そのテーマを抱えてセミナーに集うようになった著者ですが、そこでまず心を引かれたのが、チャネリングという能力でした。それさえ手に入れば、自分自身の心を見る、自分自身の心と向かい合うという作業が、効率的に進められるのではないかと思ったのです。本章「ようやくセミナーに集えました」では、著者が出会った「母親の反省」「闇だし現象」等々、セミナーの内容が語られていきます。95ページから106ページの朗読です。


posted by ユーティーエーブック at 09:36| 奈良 ☀| Comment(0) | 「ありがとう−意識の世界への架け橋ー」(全28回) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。